読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉綴り さくら日記

書きたい時に書きたい事を書くブログデス

子供の頃の驚いた話

記憶 思想

明日と明後日は連休(^^♪

連休ってここ数年貰ったことがなくて

ずっと憧れていたんだ✨

 

最近、子供の頃の夢を見る。

 

幼稚園の頃から、私が転校する小6くらいまで

家族ぐるみでずっと仲の良かった親友がいた。

私が北海道に転校してしまってから、

二十歳をこえるまで、ずっと会えなかったけど

一度だけ、家族と函館に旅行に行くからと

私のところまで会いに来てくれたことがあった。

 

お外や、私の家で遊ぶことが多かったんだけど、

毎日、日が暮れるまで一緒に遊んだその子の家に

初めて遊びに行ったときに驚いた記憶。

 

その子の家の大きなリビングには、グランドピアノがあり

壁には暖炉があって、子供心にすごく驚いた。

暖炉なんて、絵本の中の外国のおうちにあるイメージが

強かったので、本当にびっくりしたんだ。

 

その子のお母さんが出してくれたおやつは、

見たこともない、いい匂いのするお洒落なクッキーだった。

 

我が家で出すおやつは、おまんじゅうとか

お母さんが焼いてくれた、ちょっと焦げたホットケーキとか

おせんべいだったんだ(笑)

 

そうだねぇ

その子のおうちはお金持ちだったんだねぇ~

そんな子がどうして、貧乏くさい私と

ずーっと仲良くしてくれていたんだろう。

なんて思ったこともあったなぁ。

 

習い事も沢山していて、私と遊べない日はほぼ

ピアノやお習字に行っていた。

 

私はというと、好きなキャラクターのお人形で

遊んだり、おままごとと称して、

我が家からほんとの鍋やら包丁やらを

持ち出そうとして、大激怒されたりする毎日だった。

 

私はおバカな子供だったけれど

その子は絵にかいたような美少女だった。

 何もかもが違う二人だったけど大好きだった。

 

大人になって一度だけ再会したときに、

そんな話をしてみたら大笑いされた。

私も可笑しくて大笑いしてしまったけど、

その子が帰り際に

私のお母さんが作ってくれたホットケーキも

出してくれたおやつも全部、大好きだったよって

言ってくれた時、なんだか泣けたんだ。

 

小6で転校せず、

中学も高校も一緒に過ごせてたら、

私の人生は、今とはだいぶ違った人生・・・

だったんじゃないかなって思う。

 

今は今でもちろん

私は幸せだけれど(*^^*)

 

明日は休みだし、その子に

ゆっくり手紙でも書こうかなと思う。