読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉綴り さくら日記

書きたい時に書きたい事を書くブログデス

体験した怖い話 Lv2

私が体験した怖い話 Lv2

 

私が上京したばかりの頃、空港から近い街に

一人で住み始めた頃の話。

とある休日、水道局を名乗る作業員の男性が訪問し、

水質検査が義務付けられているのでと言われ

当時20歳で北海道の田舎者であった私は、

ああそうなんだ 東京の水って

飲めたもんじゃないって聞くもんね(土下座m(__)m)

と、信じ込み私は部屋に入れてしまった。

 

作業中、

一人暮らしなの?

みたいなことを色々聞かれて、何も考えず素直に答えていた。

程なくして男性は帰っていった。

 

翌日、私より先に上京していた地元の親友に

一人暮らしの私の部屋を見せて~と

上京祝いをしてくれる約束をしていたので

仕事帰りに親友と落ち合い、コンビニでお酒なんかを買って

アパートに帰ると、私の部屋の前に昨日の男性が佇んでいた。

時間にして夜の22時を回っていた。

 

私は、あれ?昨日の水道屋さん?何か忘れものでしたか?

そう言い終わらないうちに、親友が

男性のところにツカツカ歩いて行き

 

水道屋さん?名刺見せてもらえます?

こんな夜中に何の用ですか?

 

といきなり喧嘩腰・・・。

すると男性は凄い勢いで逃げるように走って行った。

 

その後、すごい剣幕で親友に叱られ、

危機感無さすぎだよ!と怒られた。

 

この時、私一人だったらどうだったんだろう・・・

て、今考えても怖いと感じる。

 

 そのアパートは一週間後に引き払ったんだけど

引き払う数日前の別の話

 

仕事から帰宅して、真っ暗な部屋に入ると

視界の隅にぼんやりとした青白い光が見えた。

 

その日の朝、カレーを温めて火にかけたまま

仕事へ出かけていた・・・(><)

真冬で部屋が激寒だったことと、

テフロン加工の鍋で、

焦げにくかったのが幸いだったのか

あの時ばかりは、天国のおじいちゃんおばあちゃんに

深く感謝し、深く反省した。

 

怖いというか

ゾッとした。