読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉綴り さくら日記

書きたい時に書きたい事を書くブログデス

突発性難聴って知ってる?

日常 思想 わたしについて

f:id:sakuramawmaw:20170207185434j:image

 

ネットって便利だな有り難いなと思うのは

聞き返す事をしなくて済むから。

 

私は小学生の頃から

突発性難聴と付き合っている。

ある日突然聞こえなくなり、

もうずっと左耳が聞こえない。

 

そのせいにはしたくないけど、人との関わりが

うまくなかった。

話が聞き取れない、何度も聞き返すことで

みんなに嫌な顔をされることもあり、

それがとても苦痛で恥ずかしくて

・・・まあ子供だから、

片耳が聞こえないことが、

とてつもなく恥ずかしい病気なんだと考えてた。

 

そのうち、親友以外の誰とも関りを持たなくなった。

 

そのころから私は、寂しいとき、苦しいときは

感情が高ぶった時は、絵を描くようになった。不思議と落ち着くから。

この絵は中学の時に描いた公園の木の下で描いた絵。

 

いつか治るのかなって

希望を持っていたころもあったけど

20歳を過ぎても治ることはなく、

25歳を過ぎた頃には私は左耳を諦めた。

 私の左耳は、耳として機能していない。

たんなる飾りなのだろうと。

 

社会人になってからの人間関係も、最初の頃は

人を避けていたため、あまりよろしくはなかったけど

子供の頃のように、悲観的になったりはしなくなった。

 

恋人と別れるとき、大体の原因は

私のこの耳のせいだったりもした。

だってそう言われたから。

 

能天気に生きている今現在ならば、

その頃の彼氏に対して、

「原因はお前だろうがっ('Д')」

とハッキリ言えるんだけどなぁ(笑)

 

偏見があるならば

初めから近づかないでほしい。

その気持ちは今も大きい。

偏見があるならば

最初から近づかないでほしい。

 

今日は仕事が休みで

診察の日だったから、色々と考えてた。

能天気に生きていくんだ。